ブログトップ
ランゲッジ・ヴィレッジの中国語講座 中国語超特急チャイニーズエクスプレスでの出来事をタイムリーにお伝えします。
by languagevillage
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ:秋山昌( 9 )
ついに完成「日中ニュース比べ読み」サイト
d0107817_13542871.gif


皆さん、こんにちは。
本当にお待たせいたしました。
今まで、プラットフォームなしの直接『比読』ページの公開でスタートしておりました
『日中ニュース比べ読み』サイトのプラットフォームが完成し、正式にスタートしました。

こちら
このサイトの特徴は、皆さんもうご存知だとはおもいますが、改めてご紹介するためにサイトの
内容を以下に抜粋します。

「日中両国間の同じ出来事をとりあげる日本のニュースと、中国のニュースを併記してリンクすることで、同じ出来事に対する日中のものの見方の類似点や相違点を明らかにします。それを日々続けていくことで、両国間のニュース報道における微妙な温度差を感じることもあるでしょう。

逆に、一般的に言われているような反中、反日感情が意外に大げさに語られすぎており、実際にはそれほどではないのではないかと感じることもあるかもしれません。私たちは、健全で建設的な日中関係を築いていくためには、お互いを冷静に見るという姿勢が何よりも大切だと考えています。それには日々報道され続けていく両国のニュースを単純に併記リンクし続けるという地味な行為がその一助となると信じています。

日中間の報道を冷静に比べ読みすることで対中ビジネスに役立てる、ランゲッジヴィレッジの講師による中国記事の読み上げ動画を利用して日々の中国語のトレーニングの教材として利用する等々、その利用法はあなた次第です。」

是非、皆さんのライフスタイル、中国語学習度合いに応じたご利用をしてみてください。
[PR]
by languagevillage | 2011-04-16 14:05 | 秋山昌
2011年あけましておめでとうございます



皆さん、2011年明けましておめでとうございます。

早いものでランゲッジヴィレッジを創業してから7回目の元旦を迎えることができました。(中国語スタートからは5回目)

これもひとえにランゲッジヴィレッジをご愛顧してくださるお客様お一人お一人のおかげであると心より思っております。

また、ランゲッジヴィレッジではありがたいことにリピーター率が非常に高く、当初の頃からの現在に至るまでのリピーターの方々も少なくなく、一緒になってランゲッジヴィレッジを盛り立ててくださっているといっても過言ではないようなお客様も少なくありません。本当にありがとうございます。

そのような方々をもっともっと増やしていけるよう努力しなくてはと2011年の年頭に当たり、気持ちを引き締めるしだいです。

そんなわけで、今年の私たちの目標は、「ランゲッジヴィレッジとお客様の接点を増やすこと」です。もちろん、少しでも多く足を運んでいただきたい、という意味もありますが、それ以上に、こちらから皆様に有用と思われるようなお得な情報をこまめにご提供させていただきたいと思っています。

そのうちの一つとして、年末のブログでもご紹介させていただきましたが、無料の動画付辞書「しなやか英語辞典」をスタートさせました。

→こちらです。

この辞書は皆様の投稿により毎月毎月増強されていくことになります。そのため、月に一回のペースでメールマガジンのような形で、更新のお知らせ、およびお得な情報もできるだけ盛り込もうと思っています。ですので、一人でも多くの方にこのメールマガジンへ登録していただきたいと思っています。いままで、ランゲッジヴィレッジに資料請求や実際の申し込みをされ、メールアドレスをいただいている方はすでに登録されていることになっていますので、それ以外の方で、このメールマガジンを希望される方は、この辞書の投稿フォームから投稿単語や質問文のところは白紙で結構ですのでメールをお送りください。

それでは、この2011年が皆様にとってすばらしい年となりますように。
[PR]
by languagevillage | 2011-01-01 15:04 | 秋山昌
LV東京校
d0107817_12223764.jpg

皆様、2010年、明けましておめでとうございます。
昨年はLVをご愛顧下さいまして、本当に有難うございました。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

新年明けて早々、残念なお知らせを一つしなければなりません。

昨年、LVのシステムをもっと気軽に、身近に、ということを実現する為に東京都世田谷区にLVT(ランゲッジヴィレッジ東京校)をオープンさせていただきました。システムとしては、本校と違って、宿泊はせず、毎週決まった曜日に日帰りで1日英語漬け体験をしていただくというコンセプトです。

このLVTを一月の末をもって、講座を終了させていただくことを決定いたしました。

LVTは、富士本校のお客様でも、なかなか富士市までは頻繁に来ることが難しいので是非、東京にも!といってくださるお客様もいらっしゃいまして、大きな希望をもって開設をしました。

おかげさまで、そのシステムにおいては、ほとんど本校と変らないクオリティーを保てたのではないかと考えておりまして、非常にありがたいことにリピーター率60%をこえるご愛顧を頂きました。東京校をご利用くださいましたお客様、本当に、有難うございました。

しかし、東京という立地にもかかわらず、新規のお客様の獲得が予想を下回るものとなってしまいました。反省をしてみると、本校の宿泊制に比べますと、やはり他の語学学校さんとの差別化が、そこまでアピールできなかったことが、新規のお客様に振り向いていただくまでにはいたらなかったのかなとも思っています。

また、授業の後の夕食やその後の自由時間等の雑談、同じような目標を持った方々と生活をともにしながら、文字通り、24時間英語漬けになれる環境が、東京という立地の良さ、それから時間の融通性にまさったという事を証明することとなってしまったのかなとも思っております。

ただ、繰り返しになりますが、本当にそのシステムをご理解くださったコアなお客様が60%以上であったことに私どもは、東京校開設が意義のあるものであったのだということを再認識させていただいている所であります。

ご利用くださいましたお客様には、心より感謝を申し上げますとともに、継続することが出来なかった至らなさをお許し頂きたいと思います。

今後は、このシステムを富士本校の「合宿」制に一本化することでよりいっそうの充実を図っていくことをお約束いたします。

東京校マネージャーを勤めました秋山も2月からは本校にて頑張ります。どうか、東京校をご利用のお客様におかれましては、不便をお掛けいたしますが、何卒、今後ともどうぞ宜しくお願いします。

今年が皆様にとって最高の年になりますようにお祈り申し上げます。
[PR]
by languagevillage | 2010-01-03 12:48 | 秋山昌
重大発表
d0107817_16541822.jpg


重大発表!3月23日ランゲッジヴィレッジ東京校が開校します。

英語と中国語の両方を開校いたします.場所は写真にあるように京王線明大前駅徒歩4分。
新宿からも渋谷からも一本の便利の良いところです。

私たちが東京校開校に当たって何を目指しているかをお話したいと思います。

合宿制語学学校ランゲッジヴィレッジが富士山本校にて提供しているサービスが他の語学施設と全く異なる性質は『生活と言語の融合』にほかなりません。

そして、かつては日本国内では難しかったまとまった時間、本物の英語に触れつづける環境を作り出すことに成功しました。現在、非常に多くの「英語をツールとして使えるようにしたい!」と考える人々に利用されています。

しかし、富士山本校の立地やシステムでは、環境を享受するにはどうしても『お気軽に』というわけには行きませんでした。(もちろん、実際に海外に行くよりかはずっと『お気軽』ですが)そこで、もう少し『お気軽に』その環境を享受できる機会を作り出したいと思って作り出したのが東京校です。

でも、東京校は富士本校とは少し運営の方法が違います。東京校の英語の講座の名称は『シュウイチ留学」.全七回で毎週決まった曜日に朝から夕方まで滞在するという内容です。宿泊は伴わないけれども、LVの性質である『生活と言語の融合」は堅持します。

「週に1回1時間のレッスンではいつまでも上達しないので、Language Villageの国内留学が以前から気になっていたけど、さすがに何日も家を空けることが出来ないのであきらめていた方」は、まるまる一日英語漬け体験が可能のLanguage Village Tokyoの「シュウイチ留学」をぜひご体験ください。

それから中国語については以下のようになります。

中国語には、もうひとつの重要外国語である英語と異なる大きな問題があります。それは、英語は日本の義務教育を受けていれば最低限の知識はあることを前提にした上でビジネス等に必要となるのに対し、中国語は全く知識ゼロの状況で必要となる状況に追い込まれるという点にあります。

そこで、合宿制語学学校ランゲッジヴィレッジでは、まさにそのような状況を逆手に取った中国語講座を開発をし、富士本校にて運営をしてきました。それが、『中国語超特急のぞみコース』 です。これは、中国語ゼロの方を対象に2週間にわたる合宿による猛特訓を施し、中国語においてもっとも重要な「発音」を完璧にし、その上で基礎的な会話力を身につけさせることにより、「中国語ゼロから2週間で一人で中国に行ってもどうにかなる実力を身につけさせる。」ということを可能とするものです。

開校から2年を過ぎましたが、今のところ体験者からこのことをキャッチフレーズとして使用していることに対するクレームは一度も頂いたことがありませんので、その点については当校も自信を持っております。

そのような講座を多く方に利用していただきたいと思う中で、この講座が「2週間の合宿制」でのみ提供されるという性質から以下のような方が多いことも事実です。

「富士山本校の『中国語超特急のぞみコース(合宿2週間)』は非常に魅力的だけど、現実にはいくら中国語を短期に習得したいとしても会社を2週間も休むことは不可能だとあきらめていた方」です。

そこで、それと同等の内容を4週間で仕上げる「中国語超特急こだまコース」を東京校にて提供する運びとなりました。この講座をより多くのかたに、ご利用していただくことを望みます。

このように、富士本校とは少し内容を異にしますが、LVの理念はしっかり保持しながら、今までより多くのかたに、LVでの感動を与えられるようにすることが今回、東京校を開校する目的です。


3月23日に開校ですがそれまでの間、2月23日より体験授業+説明を行います。
詳細についてのご質問等をお待ちしておりますので是非お問い合わせください。
[PR]
by languagevillage | 2009-02-04 17:18 | 秋山昌
薪ストーブ登場!
d0107817_11413899.jpg


皆様、こんにちは。先週に引き続き、ランゲッジヴィレッジの新しい出来事についてご紹介します。

ランゲッジヴィレッジは、日本全国でも温暖な静岡県富士市に位置しますが、標高が400m近くあるので、その温暖な富士市の中心地よりも3度くらい平均で低い気温となっています。

ですので冬場はやはり雪国ほどではないにしても平地と比べれば寒いです。おととしまでは、吹き抜けの広いロビーを二台の大型石油ストーブでがんがん暖めていたのですが、吹き抜けなため、暖かい空気が全て上に行ってしまい、みんなの集まるところはさむいまま、ということで昨年はその吹き抜けに二階を作り、天井を低くする工事をしました.それでだいぶ暖かさを保つことが出来るようになったのですが、石油価格の高騰で、どうしてもおととしのような「がんがんに」ということが難しくなりました。そこで登場したのがこの薪ストーブです。

石油代金を節約できるだけでなく、石油の火とは違って、薪の火は遠赤外線効果もあって、空間全体がじっくり暖かくなります。また、昔ながらの形をしていてインテリアとしてもいい雰囲気をかもし出しています。

いつでもこい、冬!って感じです。
[PR]
by languagevillage | 2008-11-05 11:51 | 秋山昌
講師たちのバケーション
d0107817_12125780.jpg


皆さん、こんにちは。
中国語超特急はつきに二回入学のチャンスがあります。第一土曜日と第三土曜日です。
二週間コースもしくは四週間コースが基本ですから一ヶ月に二週間コースが2回転すると同時に三週間、四週間コースもその後に行われることになります。

そうなると、年間で何回かは5週目が生じてしまうため、そのときは三人の講師は1週間お休みになるのです。なんともうらやましい限りですが、普段フル活動でがんばってくれる分、この時間を十分に活用してリラックスしてほしいともいます。

あるものは中国に帰省したり、あるものは日本国内旅行したり、よく働きよく遊ぶ。それを実践して、よりよい講座作りにまい進してください。

それでは、あと少しのお休みを最大限に楽しんでください。

再見!
[PR]
by languagevillage | 2008-09-04 12:18 | 秋山昌
漫画広告完成

皆さんこんにちは。
情報を限られたスペースの中で効率よく提供することは大変難しいことです。特にビジネスでは広告に関して常にこの問題に対して頭をひねります。

もちろん、LVの広告についても少しでもLVのよさを世の中の人々に理解してもらえるにはどうしたらよいかをいつも考えています。

その一つの答えとして『漫画広告』があります。今までは英語の『シニア編』と『ビジネスマン編』の二つがありましたが、今回『中国語超特急編』も新たに作っていただきました。色々な媒体に露出していきたいと思っています。こうご期待です。
d0107817_22193570.jpg

[PR]
by languagevillage | 2008-02-19 21:04 | 秋山昌
新年あけましておめでとうございます。
d0107817_1514983.jpg


新年、明けましておめでとうございます。
昨年はランゲッジヴィレッジ中国語部門である中国語超特急の立ち上げの年でもあり、皆様には多方面からご協力を賜りまして本当にありがとうございました。引き続きまして本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は、北京オリンピックの年でもあり中国から目を話せない年になることは間違いありません。

オリンピックのような一大イベントがあるからかどうかはわかりませんが、最近の中国の経済の底力を見せつけられているような気がします。みのもんたさんの番組でも中国は日本の脅威かそれともパートナーかといったフレーズで表現をされていましたが、10年前の日本が中国を見る目とはまったくかわってしまっていることは確かです。

先日、LVの中国語講師の先生と会話をしていて日本人と中国人の性質の違いは何かと聞かれたものですから【中国人は本来創造性に富んでいて、日本人は改良性に富んでいるのではないか】と答えました。これは世界の4大発明(紙・印刷・羅針盤・火薬)は中国人のものであるというところからです。そして日本人はマネシタ電器(松○電器)という言葉のとおり、すでに発明されたものをより改良して使いやすいものとすることを得意としていると説明しました。

最近の中国の発展の度合いを見ていると今までの中国は共産主義によって本来持ち合わせている爆発的な能力を自分たちのうちにしまいこんでいたのかなとおもってしまうほどです。

今後の10年間の中国の発展の度合いはとても想像できるものではありませんが、私たちはどのようになろうともこの隣の大国の成長・発展を歓迎し、そしてできることならおこぼれを頂戴するくらいの気概を持って付き合っていきたいとおもいます。

そのための第一歩である語学の特訓は是非LVにお任せください。
[PR]
by languagevillage | 2008-01-04 15:28 | 秋山昌
チャイニーズエキスプレスの完成
皆様、こんにちは。

講師の鈴木、伊藤の両名のブログでもご報告したように、いよいよ6月17日にチャイニーズエキスプレスのネイティヴ講師の朱孝昆、李昇の両名がLVに着任します。

彼らは、伊藤先生と一緒に中国雲南省で研修を受けていたのですが、ビザの関係で一緒にくることができずに中々、来日ができないでいました。まあ、そのかわり、着任前にみっちりと研修を受けられる機会を得られたと解釈すればいいのですが、実際には首を長くして待っていたのが正直なところです。

彼ら二人を表現すると何といっても「まじめ」で「誠実」だということに尽きます。又、二人とも教育というものを受けられたということに非常に感謝をしているなということが手にとるようにわかります。自分が高等教育を受けられて、なおかつその学問の対象である日本語のくに日本で、教えられる喜びを感じながら着任してくれることに、受け入れる私達も大変嬉しく思います。

彼らが加勢してくれることで、LVの中国語超特急が、よりにぎやかでより充実してくれることを確信しています。
[PR]
by languagevillage | 2007-06-16 19:09 | 秋山昌